読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

お正月遊び

保育園での自由時間に年明けからずっと、お正月遊びを楽しんでいるようです。

お迎えに行くと、けん玉や独楽まわしをしていて、誰かが毎日のように出来るようになったところを見せに来てくれます。

最初の頃はけん玉も玉が全く上がらなかったりしていましたが、ほとんどの子がお皿に乗せることが出来るようになってきました。

娘はいつも独楽まわしをしていました。まだ出来たのを見たことがないのですが、ひも付きの独楽まわしが出来たと言っています。

けん玉はだいぶ前に買って持っていたのですが、全然使っていませんでした。保育園でもあまりやっているのを見なかったので聞いてみると、出来ないからってやっていないみたいです。

早速、家のけん玉を探し出し部屋に置いておくと、熱で休んでいた間に練習し、数回?数十回に1回位、大皿に乗せることができるようになりました。

「羽根つきはやってるの?」と聞くと、「できないからやらない」って答えが。「・・・」

「できないからやるんじゃん」って言うと、

娘「ママとならやる」

私「ママと練習してやれるようになってからお友達とやるの?」

娘「うん」

これは負けず嫌いなのかなんなのか。こういうところがあることが知れて良かったです。娘は自信がないものはダメなようです。自信って大切なんだなって改めて感じました。

私は保育園にあるものは買わなくて済むなんて思ってましたが、出来ないものは家にも必要なんだなーなんて、またまた必要経費を考えます。