こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

そろばんで割り算が始まりました

週1回習っているそろばん。

フラッシュ暗算がメインなのですが、10級が受かったきり、9級がなかなか受かりません。

家でも、1日でまとめて、慌てて宿題をやるような調子ですので、受かるわけがないと思っています。

しかも、先日は宿題が終わらず30分も遅刻していくありさま。

そろばんに行くのは楽しいようですが、どうしても家でやるのが嫌みたい(すぐに面倒くさいとの言葉がでます)。

1年生から初めて、1年と5か月ほど。やっと割り算が始まりました。

かけ算もまだまだ九九があやしいのですが、このそろばんをやることで、九九が自然と覚えられるのはありがたいなと感じます。

足し算引き算は6ケタの数字をやっているのですが、こちらも同じく、受かりません。

もう何か月やっているのか。

ですが、今回はちょっと手ごたえがあったようで、時間がんばると言っていたので、そうあって欲しいなと願います。

来年から今のそろばん教室では学校の時間の関係で振替が出来なくなります。

家でちゃんと出来ないうちの娘はやっぱり週1では難しいのかな~と思っているところなので、教室を変えることも検討しなければと思っています。

 

 

自然観察教室に参加

朝、家を出ると雨が・・・

小雨決行とあったので、思い切って家を出ました。

イベントの最中はなんとか天気も持ちこたえ、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

班に一人森林インストラクターの方がついてくださり、自然観察をしました。

雨上がりということもあり、沢山のカタツムリを見ることが出来ました。

タツムリなんてもう何十年も見ていないと思います。

娘ももしかして初めてかもと思い聞いてみると、見たことはある気がするとは言っていました。

そういえば見るだけで持たせてあげることはしなかったな~と後悔。

小さい頃、頭が引っ込んだりするカタツムリを楽しく見ていた気がします。

お茶の木も初めてしりました。

山にお茶の木があること自体知らなかったのですが、茶の実を覚えたので、実がついているときはわかりそうです。

四季折々、植物、動物は姿を変えるので、覚えるのは難しいな~と感じます。

キリギリスも今回初めて見ました。

というか、バッタとキリギリスの違いがわからないのです。

後ろ足と触覚の長さが長いのがキリギリスとのことですので、今度一緒に比べられたらいいなと思います。

私もおんぶバッタまでは持てるようになりましたが、この大きい顔のバッタやキリギリスは持てません。

そうすると娘も持てないのです。

なんとか私の虫嫌いを気にせず、娘が克服できればと願うばかりです。

イカ割りや川での魚掴みも体験しました。

子供たちの動きをみているだけでも楽しいです。

 

 

サイエンススクエアー国立科学博物館に行ってきました

国立科学博物館で7/24~8/12まで開催されている、サイエンススクエアに行ってきました。

ほとんどが事前予約性です。

楽しそうなイベントが沢山あるのですが、私が仕事で連れて行けないため、とても残念。

抽選は1期から3期まであり、1期では落選。

3期での「消える!見える!透明の科学」というイベントに当選しました。

朝9時からキャンセル枠にも並ぶことが出来るのですが、そちらもうまく取れることが出来ず、予約不要の二つと当選したものを楽しみました。

キャンセル枠をねらう場合は最初から狙いを定めていくべきでした。

ちょっともたもたしていたために、前のかたで欲しい時間枠が終わってしまったからです。

何をやりたいのかを明確に、いくつか候補を作っておけばよいかなと思います。

当選した「透明の科学」は東大CASTという団体主催のものでした。

ですので、おそらく皆さんが東大生なのでしょうか。

みなさんとても感じのよいお兄さんばかりで、とてもいい印象を持ちました。

娘のグループはみんなが体を乗り出して観察し、実験の反応もよく、とても楽しめていたように感じました。

科学技術館に行ったときにも使用した偏光板も使ったので、何度も同じ材料や言葉が出てくると、覚えるかなと感じます。

実際、無知な私が色々すこーしずつ勉強になっています。

 

「受験脳の作り方」を読みました

「受験脳の作り方」という大学の教授をされている池谷裕二さん著者の本を読みました。

副題として「脳科学で考える効率的な学習法」とあります。

先生が今考える一番効率の良い勉強方法を紹介してくださっています。

この本を読んで一番感じたことは、私の努力がかなり足りないこと。

誰でもちゃんとした方法で勉強すれば出来るようになること。

ということです。

例えば、英語の勉強でも聞いたことはありました。

長ーい間は全然できるようにならないが、突然話せるようになる自分に気づくとか。

今回も同じような内容が書かれていました。

自分から見ると天才のように感じる1000を目標にすると、1・2・4・8・16・32と進み1000までは程遠く、諦めてしまう。

それを乗り越え、64・128・256・512と進むと次には目標の1000に到達するということでした。

私は完全にこの諦めてしまう中に入っています。

「ここまでの血のにじむような努力をして、はじめて勉強の効果が目に見えて確認できるのです」とあり、自分の不甲斐なさを痛切に感じたのでした。

これから勉強がどんどん難しくなる娘と何かを一緒にものにしてみたいという気持ちがわきました。

 

やり方をまとめます。

 

復習が大切

1回目 翌日

2回目 1回目から1週間後

3回目 2回目から二週間後

4回目 3回目から1か月後

 

一日の効果的な使い方

・空腹時、就寝前が勉強タイム

・寝る前が記憶のゴールデンアワー

 

 

生きもの観察教室に参加してきました

とにかく暑い!!

そんな中、イベントの中止や短縮など娘の夏休み生活にも影響が。

今回も2時間半の予定が1時間50分ほどに。しかも、水分補給の時間が何度も設けられ、沢山の生きものを見るとこはできませんでした。

この夏はペットボトルの消費量がすごいと思います。

偶然駅で、水のPRイベントがやっていて、無料で水を頂けたのでラッキーでした。

 

生きもの観察は網の使い方の説明から始まりました。

これは今まで習ったこともないのでとてもためになりました。

わずかなことですが、一番いいやり方があるんだな~と。

網と虫かごを貸していただき、観察へ。

シジミチョウやゴマダラチョウを観察したり。

娘はバッタはさわれる(オンブバッタに限る)のですが、他の虫は苦手。

今回は初めてトンボを持つという経験もしました。

先日キャンプに行ったこともあり、虫がいたからと言ってギャーギャーいうことはなくなりました。

そして観察の後には、「バッタはもう全然平気。そのほかの虫も結構大丈夫になってきた」と言いました。

私にとってはすごく嬉しい言葉。

虫がこわくなくなり、興味を持ってもらえるようにとの願いを込めて連れてきているのですから。

 

今回虫の持ち帰りは禁止でしたが、持ち帰り方も習いました。

普通の虫かごではかさばるので、タッパーに草を沢山入れて、なかに行きものを入れて動かないようにして持ち帰るのだそうです。

家に帰って死んでしまっている一番の原因は暑さとのことでした。

タッパーに保冷剤をつけて持ち帰るのがいいようです。

この暑さで生きている昆虫が、暑さに弱いとは初めて知りました。