こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

「12歳までに「勉強ぐせ」をつけるお母さんの習慣」を読んで

楠本佳子さんの「12歳までに「勉強ぐせ」をつけるお母さんの習慣」という本を読みました。

子育て経験者で東大生と早大生を育てた経験と、自らも家庭教師などの経験から今は塾を開いていらっしゃる方の様です。

印象はいいお母さんだったんだろうな~と言う感じ。

本の内容はというとよくある子育て本と同じような内容が書かれています。

ということは何度も書かれている内容は本当に重要なのだと再認識できるので、私は色々な本を読んでは参考にしています。

同じようなことが書かれているにもかかわらず、この本がすごく参考になったのは、すごく共感できる部分があったためです。

それが「はじめに・・」に書かれていたのです。

決して、そのまま真似はしないでください。そうではなくて、「あなたの子どもにとっては、どうするのがいちばんいいのか」を探し抜いて欲しいのです。

 本を読んだままに「怒らない」「勉強しなさいとは言わない」とかそのままを受け入れるのではなく、いつも試行錯誤で子どもに接しています。

何が正解かはわかりません。

かなりの大人になって失敗したと感じることもあるかもしれません。

いい大学に入れるだけが子育てではないのですから。

それが最初の書き出しで書かれていたため、とても読みやすかったのです。

この本にも書かれていましたが、最近、小学校の勉強の大切さをとても感じます。

「小学校で習うことがすべての基本」と当たり前のことですが、すごく身の引き締まる思いがしました。

確かに私が中学校に入って歴史を学んだ時、小学校で習ったことと同じだな~と感じたことがありました。ただし、私は小学校ではしっかり勉強していなかったため、中学校で同じ内容と感じた時点で遅れと、諦めを感じたのです。

 

それともう一つ。

「自分だけの勉強法を、子ども自身に見つけさせよう」ということでした。

今は私が問題集など選んだり、「ポピーやったら~」なんて声かけしていますが、すべて親の私が段取りすると言われたまましか出来ないようになる可能性があるようです。

勉強する時間や内容など一緒に話し合って決めると、自分で決めたことだからがんばろうとなるかもしれません。

これは試してみたいなと思いました。

 

里地里山フェスティバルに行きました

東京港野鳥公園の里地里山フェスティバルに行ってきました。

以前に干潟の一般開放があり行ったのですが、それがすごく楽しめて。

こんなイベントがあるというのも今回初めてHPで知りました。

アクセスが不便な割には結構な人。自転車で来ている方が多いようです。

 一番の目的は野菜収穫体験。

9時半から整理券配布で15分位前に着きましたが長蛇の列。

なんとか午前中の回の100人に入ることが出来ました。

その後、10時から整理券配布のブルーベリーの列にも並び、貰うことが出来ました。

苗木は帰りに引き換えることができます。

これはとても助かります。意外に大きな苗木で帰りには貰ってちょっと後悔した位です。

工作なども先着順で整理券のものが多かったので、このイベントは9時頃には入園するのがいいようです。

工作だけでもかなり沢山あり、娘はほとんどを楽しむことができました。

レストランなどが無い施設ですが、イベントでは焼きそば、おにぎり、カレー、フランクフルトなど売っていましたので、お昼も困りませんでした。

12時からは豚汁の無料配布。500人分が用意されていたようです。

私はカラスの実習授業というものを受けたかったのですが、娘がその時間工作やイネの脱穀体験をしたいとのことで、行くことができませんでした。

次回は何か学べるようなものも参加したいと思います。

スタンプラリーでは5か所を回り、はんこを押すと、お菓子とジュースの組み合わせで3つも選び貰うことができました。

やりたいことが沢山でゆっくり自然観察は出来なかったのですが、娘にとっては楽しめた時間だったようです。

パンフレットに次回は来年5月とありました。

 

小1 全国統一小学生テスト11月結果

11/3にテストを受け、結果を待つ間の11/9~11/15に解説授業のネット動画を見ることが出来ます。

そして先日受験した四谷大塚の校舎から合格証が届きました。

前回も届いていたので、今回は普通に上位50%に入ったのかと、すごく悪くはなかったんだなと安心しました。

そして11/18からが結果を受け取りにいけることになっていました。

早速、娘と外出の帰りに受け取りに。

名前と質問を記入します。

結果表の説明は必要か。

面談は予約したか。

入塾を検討しているかのような感じだったと思います。

私は特に必要なかったので、全部いいえで答え、用紙を渡しました。

先生が結果を渡してくださる時、「算数が上がってますね。しかもすごくいい点数です。」と言ってくださいました。

成績表をちらっと見ると算数の都道府県別順位の数字一桁が目に入りました。

家に帰りじっくり見ると、国語は前回より少しだけ下がっただけで同じ位。

算数がかなりよくなったことで、偏差値が65になりました。

予想点数より2科目とも10点アップ。

字が汚いので、点数は下がると思っていたのですが、その点ではクリアしていたようです。

そのため出来なかった問題は本当に出来ない問題。

例えば「ちぢむ」を「ちじむ」と書いたり、「とおか」を「とうか」と書いたりです。

この出来なかったことがわかるのが大切。

大人になるまで「七」を「ひち」と思っていた私ですので、こんなことにならないようにしっかり覚えてもらえたらと思います。

テストを受け取る際は勧誘は一切なし。

「今度は6月にありますので、また是非お願いします」だけでした。

 

工作の材料集め

小学校ではとにかく色々な提出物や持ち物があります。

最近多いのが工作に使う材料を準備するというもの。

どんぐりを拾い、茹でて虫がわかないように準備します。

その他にはトイレットペーパーの芯は娘が一人で集めています。

トイレットペーパーの芯であれば万が一の時は紙を外して用意すればなんとななると思います。その後トイレットペーパーも使えばいいわけなので。

ですが、今回セロファンテープの芯という要望を言われました。

セロファンテープなんてそんなになくなることもありません。

家のをみると新品な感じ。

そこで、自分の職場で調達を考えました。

仕事をしているとそういったことでは便利かもと最近思っています。

ベルマークは会社の男の子にペットボトルを飲んでいる時、そのベルマーク頂戴!と言ってもらったり。

ベルマークを集めていると知ったら、家から沢山持ってきてくれたこともありました。

今回も、セロファンテープが無くなったら芯捨てないでください!なんて数人にお願いしていたら、すぐに一つ持ってきてくれました。

二つ必要だったので足りないなーーと思っていたところ、ガムテープの芯を持ってきてくれました。

それをセロファンテープの太さに切って、材料がそろいました。

仕事をしているメリットとと言ってもいいような気がします。

その他は100均で購入します。

なかなか思うようには集まらないので、必要ものは買った方が早いと最近思うように。

先生のお手紙にも沢山の材料があるほうが意欲がわくので・・・のようなことが書かれていたので、必要なものは揃えられるように。

そして色々なものを買って用意するのもいいのですが、代用するということも学んでもらえたらと思います。

 

 

マラソン大会

マラソン大会のために数週間前くらいから練習が始まっていました。

今は何でも親の許可が必要なようです。

毎日熱を記入し、はんこを押さないと練習させてもらえません。

私は連絡帳すらたまに忘れてしまうので、もちろんマラソンカードも何度も記入するのを忘れてしまいました。

そのため、娘が練習出来た(記入できた)のは7回程。

娘は練習が出来ないと、ブランコとかで遊んでいていいようなので、喜んでいるようでした。

娘は運動会ではいつもビリな感じ。

マラソンはどうかな?と初めてのことなので、わかりませんでした。

最近、娘と鬼ごっこをしたりすると、前よりも長く追いかけてくるようになりました。

以前はすぐに疲れて、あきらめていたのですが。

私の方がかえって、息があがり、遊具の後ろで休んだり。

そんなことに気づいていたので、マラソン大会は完走できるかな?と思うようになっていました。

マラソン大会と言っても、高学年でやっと1Kほど。低学年では700M位です。

私が子どもの時は、短距離が早い子って長距離は遅かったのです。

そのため何故か私はマラソンが得意でした(3位以内とかではないので得意と言ったら恥ずかしいのですが、得意なものがなさすぎて、低レベルでも得意と感じます)。

娘もマラソンの方がまだましかな?と思いながら、マラソン大会に出ました。

色々な学年を見ましたが、トップあたりの子は短距離も早い子でした。

やはり距離が短すぎるかな。

同じ学年の女子と男子にわかれて走ります。

娘の結果はなんとか10位以内に食い込むことができました。

あんなにどんくさかった娘がよく頑張ったと思います。

最後にママの顔が見えたからがんばれたと言ってくれました。

低学年に行けば行くほど応援されると、速度が速くなる傾向があるようでした。

いい場所での応援はかなりいい効果を生むと感じます。

体のためにもマラソン大会のためだけでなく、冬だけでも毎日のように走ってくれればいいのになと感じます。