こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

「塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験」を読んで

新聞記者のお父さんが書かれた本です。

息子さん2人を都内の公立中高一貫校に入れた体験談でした。

お父さんが記者さんということもあって、子どもの作文をすべて見て添削されていました。

文才がある方がお父さんだと完全に塾は不要と感じました。

むしろ塾で作文を採点してもらうよりいいのではとまで。

塾で作文を添削してもらうことに少し不安があるのです。

その先生は本当に文才があるのだろうか?と思ってしまうのです。

間違いなく私よりは安心ですが・・・

そんな時、本の虫だったじぃじが生きててくれれば、娘の添削をしてもらえたのにな~なんてちょっとしんみり。

ですので、通信教育であればその専門の方が見てくれるのかな?と勝手に想像したり。

ですが、この本を読んで私も色々やってみようという気になりました。

小1ですので、今は文が書ければいい。

どんどん好きになって、得意な気持ちを持って書いていけたらいいと思います。

公立中高一貫校の良さもすごく感じました。

なんとなーく、学費が安いのでいいな、くらいにしか思っていなかったのですが、各自治体や先生方がすごく力をいれているということがわかり、かなり心が動きました。

私はお金は考えないとして、中学受験勉強をすることは賛成なのです。

ただ、夜遅くまで塾で、睡眠時間が減ることが一番心配です。

娘の場合は睡眠が少なくなるとすぐに体調が悪くなるので、そこまでするのであれば、やらなくていいかなと思ったり。

それなので、この本に書いてある内容すべてが理想に感じました。

野球を6年生まで続けたり。

ただ、このご家庭でご両親の力以外にも特にここが大きいのではと感じたことは息子さんは帰国子女ということで英検も取得されているとのことでした。

受検で英検も加点になるのかわかりませんが、グローバル教育に力を入れている学校では大きなメリットのような気がしなくもなく。

ですが、経済的にゆとりがある人しか出来ないような内容ではなく、すごく勉強になりました。

 

無印でお菓子の家をつくりました

無印のお菓子の家「ヘクセンハウス」を作るイベントに参加しました。

焼いてあるクッキーをアイシングでくっつけて組み立てるだけのものです。

金額もその材料代だけの1,490円。

家で作るとやり方もよくわからなかったりするので、参加してみました。

娘がほとんどやったのですが、やはり家は土台が重要。

しっかりアイシングをつけて、手で押さえながら固まるまで待つ必要があります。

1時間のイベントでしたの、どんどん進みますが、家でやるのならまず、家の壁をつけ、完全に接着したところで屋根というように少しずつ進んだ方がうまくいくと思いました。

まだ乾ききっていないまま、娘が少し力を入れると倒れてしまいます。

結構難しかったのですが、こつがわかりました。

キットの中に含まれていないマーブルチョコやマシュマロなども用意されていて、自由に飾りつけも出来ました。

これだけでそのまま買うよりお得です。

最後にもう一つ嬉しいことがありました。

無印のファミリーセールというはがきを頂いたのです。

ファミリーセールとあるのでどこかの会場でやるのかと思ったのですが、普通のお店で使える割引券のようなものでした。

衣料品が20%引き。雑貨15%引き。食品が10%引きのようです。

先日ばぁばが娘のアウターを定価で購入してしまい、とても残念。

でもまだ欲しいものもあるので、ぜひ使ってみようと思います。

家に持ち帰ったとき家は崩れてしまったのですが、直すことができました。

完成した家をばぁばにも見せたいとのことで、ばぁばを呼び、そしてお菓子の家の写真を撮りました。

 

 

科学漫画サバイバルシリーズを借りてきた

娘が小学校の図書館で毎週本を借りてきます。

1年生だからか自由に本を借りれるわけでは無いようで、1冊だけとか2冊までとかすごく少ないです。

いつも私が好まない本を借りてきていたのですが、今回娘の好きな漫画の本を借りてきました。

それが私が、最近知っていいなと思っていた漫画です。

娘が借りてきたのは科学漫画サバイバルシリーズの「アンコールワットのサバイバル1」でした。

自称アマチュア考古学者のパパと息子がカンボジアに旅行に行き、そこでの体験やアンコール文明の説明が繰り広げられる漫画です。

アンコールワットについて知識のない私にとってはとても読みやすく、子ども用なので、ルビがあることでスムーズに読めました。

大人のそういった本を読むと、読めない漢字があると調べたり、または適当に読んだりするので、その点がすごくいいです。

苦手な歴史の本とかも人物の名前とか読み方がわからなので、子ども用が私にとっては役立ちます。

小1の娘にこの漫画は・・・難しいような気がします。

娘に「わかるの?」と聞くと、「わかるよ」と答えます。

恐らく意味を適当に考えて読んでいるのだと思いますが、歴史とは、とか、見たことも無いものが沢山あるんだとかそんなレベルでもいいと思います。

クリスマスや誕生日プレゼント候補にも考えていたくらいだったので、学校にあるとわかり買わなくて済みました。

借りてきたら私も読むつもりです。

 

公立中高一貫校はどんな感じなのか

中高一貫校に進むことについて、ただ中高と一緒だと友達関係が深くなるかな?とか部活が頑張れるかな?とかそんなくらいの知識しかありません。

最近、公立中高一貫についての本を読んでいます。

公立中高一貫といっても3パターンに分かれるということも今回初めてしりました。

中等教育学校という中高6年間を前期と後期で分けているもの。

併設型という高校からも若干の入学者がいる学校

連携型といういくつかの中学と提携していて、高校に入るときに試験があるもの。

受検の問題も私立とは全く違うということ。

ただ、塾で勉強だけしていては受かるような感じではなさそうです。

そうなるとかなり難しい。

6年間どのように過ごしてきたかが問われているように感じます。

知識だけあってもだめで、自分がどう考えるかとか特に文を書く能力が重要になると感じました。

すごく難しいですが、公立中高一貫の受検に向けて勉強していくのってすごくいいなと思います。

昔話まで受検の問題にかかわってきていて、とても驚きました。

どれだけ常識というような本を読んできたかとか、そんなことまで大切になってくるんだな~と。

普通に過ごしていては私は知識が無さすぎて、子どもにいい影響を与えることが出来ません。

時間を無駄にしないこと。なるべく沢山のいい本を見つけて読み聞かせができればいいなと感じました。

 

 

「あなたのこども、そのままだと近視になります」を読んで

「あなたのこども、そのままだと近視になります。」という本を読みました。

娘にはなんとか目がよいままでいて欲しいと思っています。

最近心配しているのが、学童で漫画ばっかり読んでいることです。

学童にお手伝いに行った時、部屋を暗くしてDVDをスクリーンで見ることをやっていました。

そんな時にDVDを見たくない子が暗いなかで本を読んでいたのです。

それを見て、絶対娘もそんな感じで漫画を読んでいるのだろうと思いました。

私は中学生くらいで黒板用に眼鏡を買った記憶があります。

高校性くらいからコンタクトを使用していたような・・・

ここ2年くらいはずっと眼鏡をかけっぱなしでした。

コンタクトをしていた時はずっと視力が落ちることなく、0.2くらいを維持していたのです。

しかし、最近0.1もないような診断をされることがでてきました。

この本を読むと大人になってからは近視が進まないのが普通なようで、進んでいるとよくないそうです。

とても心配になりました。

結論を言うと外の光が大切なようで、こどもには2時間の外遊びを推奨されています。

大人でも重要なようです。

2時間って結構大変です。ですが、外にいれば日影でもいいそうです。

私も眼鏡をかけっぱなしではなく、公園にいるときや本を読むときなどは外すように心がけることにしました。

そして本を読むときの姿勢も大切とありました。

いつも寝る前にベッドで本を読むのですが、それも本当はいけないようです。

そこはあまり変えたくないので、その他の時間はちゃんとした姿勢で本を読むように伝えていき、外になるべく連れ出そうと思います。