読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

夏休みの旅行 小学1年生

まだ5月だというのに真夏のような暑さでびっくりする日があります。

いつもおでかけの予定を早く立てることが出来ず、予約をしようとすると全席満席だったり。

今年は小学生。夏休みは毎日学童に行ってもらうのですが、少しはお出かけしないと思っています。

旅行のサイトを見ると早期予約で1000円引きとか早めに計画立てることで、予約が取りやすいだけでなく費用でも節約できそうです。

今の時期でも早い方ではないのかもしれませんが。

 

あまり自然に触れていない子どもに自然体験をして欲しいと思っています。

そのようなプログラムに参加しようと思ったのですが、大人と子供一人づつだと割高感があり、ばぁばを誘っても「自然のところ行っても私がやることがない」と言って乗り気ではありません。

まだ体験したことがない海・川遊び・キャンプをやらしてあげたかったのですが、今年はばぁばも楽しめるところにしようと決めました。

ただ、普通に旅行に行くとなるとかなりの出費になります。なんかいいの無いかなと思っていたところ、会社の健保の施設を思いつきました。

自分の健保の施設は1回も使ったことがなく、HPを見るともう7月の予約は終わっていました。でも私が予約したかった8月は予約開始の直前で気づくことができました。

予約をしましたが、抽選です。外れたらまた何か他のことを考えなければいけないです。このことでも早めの行動が必要だと来年からはもっと早く考えます。

 

はなまるリトル 1ねんせい

はまなるリトル1ねんせいのさんすうとこくごを始めました。

もうすぐ全国統一小学生テストを受けることもあり、少し難しい問題でもやってみようかなと思ってっ気になっていたものです。

ですが、ずっと買うのを躊躇していました。それは値段が高いこと。

問題数もそんなにないのに1冊1500円(税別)。

これなら最レベとかの方が厚いし安いからいいなと思っていたのですが、あまり難しいのもまだ早いなと思い、さんすうを買ってみたところ、娘が「楽しい」と言いました。

こくごも買って欲しいと言われ結局2冊やることになりました。

難しい問題と易しい問題が入り混じっている感じがします。

さんすうでは「チョコレートケーキとイチゴケーキの絵が8種類あり、それを4つの箱に同じいれかたになるようつめる」という問題があり、私も一瞬難しく感じましたが、娘は出来ていました。一番多い数のケーキからやっていけばいいのですが、よくわかったなとびっくりしました。

といって単純な問題でひっかかっていたり、問題の意味が理解できなかったり。

小1なんてただの足し算引き算のような簡単な問題と思っていましたが、色々な問題に慣れるってことではとてもいい時期なのかななんて思いました。

統一テストの過去問は知能問題のような感じがしたので、はなまるリトルのちのうあそびの方を買えばよかったかなとちょっと後悔もしましたが、これはこれでよかったです。

 

小学校からの沢山のお手紙

娘が小学生になった途端、なんだか毎日が忙しく感じている今日この頃です。

毎日連絡帳を確認し、サインをします。

お手紙もほとんど毎日何かしら貰ってきます。

先日は緑の羽の募金のお手紙がありました。強制ではないとのことですが、もう緑の羽も連絡袋に入っています。

さすがに寄付しないで緑の羽を貰うのも心苦しいので封筒に500円いれて持たせました。封筒に入れて持たせるように書かれていたため、1000円位?とも迷いましたが、これからどのくらいあるのかわからないし・・なんて考えてしまいこの金額に。娘は「10円の子もいたよ~。いくらでもいいんだよ。1円だって。」というので「10円はいいけど、1円は良くない気がするな。だってお菓子1個我慢すれば寄付出来るでしょ」と伝えました。

持ち物も突然のお知らせです。明日、新聞紙を1日分持ってくるようにとのお知らせでした。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

うちは新聞を取っていません。偶然ばぁばがたまに駅で買って読んでいるので、その新聞の残りがありました。1日分には足りませんが、結局持ち帰ってきたので足りたようです。

娘に「新聞みんな持ってきてた?」と聞くと「〇〇君持ってきてなかった。なかったって。」といいました。私も娘に「今回は偶然あったけど、新聞とってないから普通はないよ」って言いつつ、新聞1日分くらいは保管しておこうと思いました。

他にも親が準備する内容のお手紙があり、その説明だけで理解できないことが起こっています。娘にもう一度確認をお願いして、どうしてもわからなかったら連絡帳にその旨を書こうと思っています。

 

そろばんで集中力が養われるのか

そろばんレッスン6回目。

前回停滞していた課題をクリアしました。

今度の問題はすごく難しいよとクリアしたことにとても喜んでいました。

そして問題の内容は・・・

10個の二桁の数字を「足す」「引く」して答えを出し、出た答えの数字から始まる問題に移り、それを10題やる。その最後の答えを記入するという問題です。

ですので、今までのように8点とか9点とかいう訳にはいかず満点か、0点かです。

途中で間違うとどこで間違ったのかを確認するため時間のロスになります。

娘は途中で間違えるとイライラし始めて集中できません。そして投げやりな感じになります。

そろばんもピアノも本当に集中力が必要に感じます。

ただ、そろばんをやって集中力が養われると思っていましたが、それは人によるような気がします。

集中しないと出来ないので、集中力が養われるといわれているような気が。お絵かきやブロックや好きなことに熱中することの方が集中力が養われるような気がします。

そして娘は今のところあまり集中力がありません。

何かをやり始めたと思ったら、すぐ他の事をやっている。ものすごく大好きなことも特にありません。

何かをやっているときに、お風呂だよとか言って中断させることが多々あったような気がします。そういったことですぐに他に気を取られるようになっているのかなとか思い、何かをやっているときは話しかけるのをやめてみようと思っています。

全国統一小学生テストの対策授業を受けて

来月、四谷大塚主催の全国統一小学生テストがあります。

今まで、CMで見ていましたが、自分の子どもが受けるような年齢になりました。

と言ってもまだ、小学1年生。昔は1年生は対象外だったようですね。

中学受験をするとかそういたったことを明確にもっているわけではないのですが、どのような内容の問題が出されるのかの興味で申し込みました。

娘の意思はもちろん確認済みの上で。娘は運動系はあまり興味を示しませんが、こういったことはやりたがります。

申し込みした後、受験会場から連絡があり、対策授業も無料で受けられるとのことでした。休みの日がつぶれるのはいやだったのですが、娘は行く気満々。

子どもを送り、終わるころに迎えに行きました。

いつもなら終わった後すごい笑顔で出てくるのですが、今回はなんだか変な感じ。

私「どうだった?」

娘「全問正解だった。」

私「なんか嬉しそうじゃないけど、つまらなかった?」

娘「少し楽しかった」

私「???」

私の予想では塾に行きたいなんて言いだすのではと想像していましたが、なんだかあまり楽しくなかったのかな?

内容は去年の過去問を一緒に解いたようです。難しいところ、国語はほとんどやっていませんでした。時間は50分間。

でも過去問を頂けたことでどんな感じかがわかってよかったです。

内容は算数は知恵問題のような感じ。国語は漢字は出ていませんでした。