読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

美術館に興味をもつために

先日、初めて本格的な美術館に行きました。

その時とても楽しめたようなのですが、もっと楽しめるようになればいいなと思っています。

私も絵には全然詳しくないのですが、知っている絵を美術館で見れた時ってとても感動します。

それなので、知っている絵を増やしていこうと思いました。

何かいい本ないかなと探していたところ、とても楽しい本をみつけました。

小学館アートブック」です。

まずはそのシリーズの中の「ひらめき美術館 第1館」を図書館で借りてみました。

アルチンボルドの「夏」を取り上げて、何種類の野菜とくだものがあるか?なんてクイズのような形で書かれており、娘と「これは大根かな?これはにんにくだ。」とか言いながら楽しめました。

ダリの「メイ・ウェストの顔」を見ながら「唇はソファーだね」と言うと娘が「首はなんだ?」って気づいたことを話してきたり。

持っているカルタにある絵が出てくると「カルタにもあった絵だね」とか言って、1回のカルタでもよく覚えているな~と感じます。

学校に美術室?があると言ってその部屋にもモナリザの絵とかが飾ってあると言っていました。「図工をやる部屋?」って聞くと違うようで、絵が飾ってある部屋とか言っていたのですが、実際はなんなのかわかりません。

もしそんな部屋があるのならいいなと思います。

娘のためと言いながら、私も知らなかったことを沢山知れて、美術館をもっと楽しめるようになるかなと感じます。