読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

習って1年半経過 音符が読めない

娘がピアノを始めたのは4歳10か月ほどの時です。

最初からものすごーくピアノが好きとの印象もなく、何か習い事がしたいからピアノをやりたいなんて言っていたのだと思います。

練習も1回弾いて終わりという毎日。

小学生になってお迎えをばあばにお願いしているため、ピアノの練習を見ていません。

そして昨日ピアノのレッスン。

全然、音符が読めていないのです。

致命的なのは下に下がっているのに、「ドレミ・・・」と数えている。

私もピアノの才能もなく、努力も一切してこなかったので、瞬時に「ラ」の下は「ソ」と答えることが出来ません。私の場合は「ドシラソ」と「ド」から考えて下げている感じです。

それを娘は下がっているのに「ラシド」だから「シ」なんて適当に答えています。

先生も珍しく感情が表れていました。

これはまずいと家で音符カードと「「シ」から下がって」なんて言って問題を出すことにしました。

以前に印刷して全然使用していなかった音符カードを出してきて、答えさせます。

やっていると私が結構覚えてきます。簡単な音符まで読めない娘にいらっとしながら答えさせ、終わったらイラつきをどこかにやり娘とじゃれあい。

全然練習しなかったり、出来なかったりするときにイラっとすることがあるのですが、出来るようになって欲しい。出来たら絶対娘が喜ぶし、自信がつくとの思いから教えます。

優しく言ってるだけじゃ出来ないこともあると思い、きつく言うことも多々ありますが、内心はよくがんばっているな~なんてほんと思ってしまいます。親ばかというよりも私が小さい頃からがんばってこなかったから、レベルが低いのだと思います。