読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

こどもの読書

娘が小学校の図書館で本を借りてきました。

毎週図書館に行く日が決まっているようで、その時に借りてまた翌週返すというしくみのようです。

学年があがると自由に本を借りることが出来るみたいです。

本が好きなので、とても嬉しそうです。

本が好きと書きましたが、ものすごく好きなタイプではありません。ほっておくといつも本を読んでいるなんて状態でもないですし。

そこで、小さい子どもで本が嫌いな子っているのかな?と疑問に思いました。保育園の時はクラスみんなが本が好きなように見えました。

では、大きくなって本を読まなったり、嫌いになったりするのはどういうきっかけなんだろうと。他に夢中になることがあるとか、時間が無いとかはわかりますが。

とにかく、娘が読書を続けてくれることを願います。

そして本の内容でも何がいいのかわかりません。いい本を読まないと意味がないというような意見もあれば、子どもの好きな本を否定してはいけない。どんな本でも読むことが大切とか。

今、娘が進んで読んでいるのは「まじょ子」シリーズや「アッチ」シリーズです。

今までこれらの本は一人で読んでいたので、私は読んだことが無かったのですが、1冊「まじょ子」を読んでみました。

小学生の女の子が好きそうな内容ですが、私にはどこか現代っぽいところと古臭いところが混じった印象を受けました。「ラブラブ」とか「ギンギラギン」とか言葉が・・

一つのシリーズを読みすぎず、様々なものに興味がわくようになったらと思います。

そこで娘が楽しいと言って読んでいた1冊。

福音館書店の「よい子への道」

してはいけないことが漫画で書かれています。

「お客様がきたとき」してはいけないこと→みんなでにおいをかぐ

とこんな感じの内容が沢山書かれています。

娘に感想を聞くと「よい子への道っていうか、やるわけないし。あたりまえだし。」と笑いながら最近の生意気口調で言っていました。