読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

小学校初めての家庭訪問

先日、家庭訪問がありました。

家庭訪問の目的ってなんなのでしょう。その子がどんな環境で過ごしているのかを見るため?育児放棄を見つけるため?なんて他のママと話してもこんな感じです。

最近家庭訪問がなくなってきていると聞きます。私の友達のところも無いようです。

しかも、家庭訪問があっても玄関でが多いそうです。

では、家庭訪問って必要なのかな?って思ってしまいます。

うちもお知らせで玄関と書かれていました。

私が子どもの時は普通に先生が中に入っていましたし、玄関だとしても一軒家だったので、玄関に座布団を敷くことができます。

しかし今の家はマンションです。段差なんてわずかでとても座布団なんて敷けないですし、玄関も狭く薄暗いです。

どうするのかな~なんて思って先生をお迎えしました。

中に入って頂くよう伝えましたが、お断りされました。

恐らく、先生にもよるんだと思います。若い先生なので遠慮とか決まりを守るとか色々あるのだと思います。

とにかく玄関で始まった家庭訪問。何かを言われるのかと思ったら、こちらから話をする機会のようです。

先生が最初何もおっしゃらないので最初焦ってしまいました。

先生から「まだ短いですが、特に私から見ては心配することは無いと思いますが・・・」と言っていただきました。私もすごく心配していることは無いのですが、そうなると話が進みません。

ということで、日ごろから注意している口の利き方についてお話しました。

そして話終わって、お茶もお出ししていないことに気づき、最後に「お茶いかがですか?」ってお聞きすると遠慮されたので、時間もあるかな?とか想像してそのまま終わりになりました。

これなら面談週間という期間を設けて希望者だけが学校で話せばいいのでは?と思ってしまいました。