読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

小学校入学式

娘の入学式が終わりました。

娘の持ち物はランドセルと上履きだけ。

親の持ち物は提出書類と上履きと筆記用具。

忘れ物が無いように朝準備し、入学式は午後のため、午前中は仕事です。

間に合わなかったらどうしようとひやひやでしたが、校門の前で写真も撮ることが出来、会場の体育館では待つほどゆっくり行動することが出来ました。

娘の小学校は小規模なため、写真を撮るにも数人の列を待つだけでした。

これが大規模な小学校だったら大変だろうなと思いました。

学校に到着するとすぐに唯一の保育園のお友達ママさんが同じクラスだよと言ってくれました。同じ保育園から二人しかいない場合はほとんど同じクラスになると聞いてはいたのですが、ほっとしました。

娘も大喜びです。

上級生のお姉さんが受付で娘に名札を付けて、体育館まで案内してくれました。

親は子供達の後ろにクラスごとに椅子が置いてありました。

娘を見るとすぐに隣に座った女の子と何やらお話をしています。

学童に4月初日から通っているため、学童のお友達かな?と思い、安心しました。

来賓の方が「おめでとうございます」というとそのたびに「ありがとうございます」と1年生が言うのには驚きました。幼稚園ではちゃんとしつけられているのだななんて思ってしまいましたが。

集合写真を撮るときも娘が近くにいる女の子とお話するので、「学童のお友達?」と聞くと、周りのママさんから「学童ですか?うちも学童です」という数名が偶然近くに居合わせました。それで一機に安心感が。

その後教室に移り、説明を少し受けて帰宅したのは式が始まって1時間20分ほど。あっという間に終わりました。

なんだか娘と一緒にわくわくしています。沢山お友達が出来そうです。