読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

TBS「下剋上受験」最終回を見て

TBSの「下剋上受験」がとうとう終わりました。

どうなるのか先が気になり、本を読もうかと思いましたが我慢して最終回を見ました。

結果は不合格。

しかし偏差値70台の別の学校に受かり進学しました。

偏差値40台から、しかも小5の夏からの勉強で受験に成功するところがすごいなと思います。

受験する子は塾に小4から通わないときついなんてことも聞いたがことがあるからです。

何でもスタートする時期って大切ではあると思いますが、子どもにとって遅いなんてことは無いんだなと感じます。

娘はこれから小学生。何にでもなれると思っています。

それには親の持っていきかたが重要に思います。

中学受験に失敗したからといって、何の問題も無いと感じます。だってまだまだ挽回のチャンスはあります。しかもその受験勉強をしてきたことは決して無駄ではないのですから、勉強してきていないことよりずっと先にいるのだと思います。

高校受験だって同じです。とにかくあきらめずに頑張れば、どんなことでも乗り切れる気がしています。私がこの年になって東大を受験すると言って勉強し始めても、不可能だと思いますが。

主人公の女の子の受験の感想で、私立の学校に入学し、一番貧乏だけど何の問題もなく、友達も沢山できて楽しいとか、色々な世界を知れてうれしい?とか聞くと、中学受験するのもいいななんて感じます。

うちは家計からいって恐らく無理だろうと思いますが、主人公の子のように勉強の大切さ、勉強する楽しさを知ってもらえたらいいなと思います。

是非本を読んでみます。