読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

動物園に行く前に

保育園の卒園遠足は上野動物園です。

上野動物園は小さい頃から何回か行っています。周りに公園や、国際子ども図書館もありますので、1日楽しめます。

今までは特に何にも考えずに動物園に行って、好きな動物を見て、モノレールに乗ってという感じで楽しんでいましたが、保育園の遠足ですので、何か事前に出来ることは無いかなと思っていました。

そして図書館で2冊の本を借りました。

1冊目が福音館書店の「どうぶつえんのどうぶつあんない」

動物園の動物に絞っていて本も厚すぎずいいなと思い借りました。内容も動物は絵で描かれており、横に説明が沢山書かれています。漢字も沢山ですが、ふりがながあるので、幼児でも大丈夫です。

2冊目は学研の「なぜ?動物の図鑑」

とても見やすいです。図鑑というと1ページに文字が沢山ですが、大きな字で読みやすく、子どもが知ると自慢したくなるような内容が盛りだくさんです。下にクイズとかも書かれているので、こどもと楽しく読み進められます。もちろん一人でも。

よく頭のいい人にどのようなお子さんだったかとかインタビューを見ると、小さいころから親の本を読んでいたとか、百科事典を読みまくったとか聞いたことがありますが、うちの娘は全くそういった気配は感じられません。

凡人なので、その年齢に合ったものでなくてはダメなようです。

図鑑も高いし、もったいないので、沢山の情報が詰め込まれているものを買いたくなるのですが、うちの場合は買っても全然見てもらえません。

この図鑑くらいがちょうど良さそうです。