読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

TBS「下剋上受験」第6話を見て

テレビ

下剋上受験」第6話を見ました。

久しぶりにドラマで泣きました。

ドラマなので、演技ではありますが、こどもって本当に健気で可愛いです。

セレブお父さんはこどもと接するのが不器用で、でも心からこどもを愛していて、こどものために色々やっています。でもそのやり方が、ただ家庭教師をつけたり、物を与えたり。

主人公のお父さんも愛情を体いっぱい表現できるのですが、ある意味不器用で。

お父さん同士の「うちの娘を泣かせたら承知しないからなっ」なんて言って取っ組み合うお父さんっていいなって思いました。この二人は元々小学校の同級生で知り合いなのでありうるかもしれませんが、そうでなく実際あったらこわいですが。

お母さん同士だったらこんな感じにはならない気がします。

私自身、自分のこどもを良くいうことが苦手ですので、すぐ悪いところを言ってしまいます。家では沢山のいいところにも感動しているのですが。

小学生のまだこどもで色々なことにがんばっていて、こどもってすごいと思います。勉強だけでも毎日大変ですが、人間関係もありますし。

大人であれば嫌なら付き合わないというような人間関係もできますが、こどもは大変だろうなと思います。

知り合いのお子さんが小学生で保健室登校をしているようです。話を聞いているだけですが、人に気を遣い過ぎるお子さんのようです。お母さんに甘えたがったり、沢山がんばってみたり。そんな話を聞いているだけで、涙が出そうになります。こどもって沢山がんばってるんだなって。そのお子さんの気持ちが楽になってがんばらなくて普通に学校に行けるようになればいいなと願います。

私はがんばりが足りないな~と日々反省(だけ)。

 

boshinohibi.hatenablog.jp