読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

こどもにものを買ってあげること

その他

こどもに身につけて欲しい力は沢山あります。

我慢強い心、あきらめない心などなど。

いつもこどもに物を買うときに考えます。我慢させた方がいいか、買ってあげたほうがいいか。

先月ディズニーランドに行った時も迷いました。首にかける光ペンダントのようなものを欲しがりました。

せっかくディズニーランドに来たのだし、買ってあげてもいいかなと思ったのですが、絶対に買った時だけ喜び、家に帰ればおもちゃ箱の奥にずっと置かれ、数年後にごみとして捨てるのがおちです。

夏祭り時は、大きなリボンが光るカチューシャを買いました。これは友達と一緒でしたし、一人だけ買わないのも可哀そうかなと買いました。

しかし、これもその時だけです。ディズニーランドに持っていけば夜に良かったのですが。

ディズニーランドでは結局他にお土産を選ぶ時間がなくて何も買えなかったのですが、家に帰って、娘と話しました。「カチューシャも使わないでしょ。ペンダントも買ったって結局使わないよ。そのお金でもっと欲しいものが出たときに使えるでしょ」と説明すると結構納得しているような表情をしていました。

物を我慢させることが、何でも欲しいものを与えると我慢強い心が育たないとか本やネットで見ますが、それが本当であるかはわかりませんが、あんまり与えなさ過ぎるとひがみやすいようなことにならないかとか、とても難しいです。

私がよく言うことは欲しいものは本当に欲しいかどうかよく考えること。もう少し大きくなればどのように必要なのかもきちんと説明させるつもりです。ですので、突然お店でこれ欲しいといわれると、買ってもいいかなと思うこともあるのですが、その時は買わず、その後本当に欲しいようであれば考えるようにしています。