読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

保育園の謝恩会

保育園の卒園式は3月の土曜日です。

すべてかわかりませんが、幼稚園のママからお話を聞くと、いろいろなことで幼稚園に行ったり、家で作ったりと関わることがあるようですね。

うちの保育園だけかわかりませんが、親が手伝うことはほとんどありません。お遊戯会の衣装も素晴しい衣装を先生方が作ってくださいます。

それですので、懇談会以外に保護者が集まることもなく、保護者会のようなものもありませんでした。この保育園にいることでほとんど仕事に影響もせず過ごせることができたことに本当に感謝です。小学校生活が不安でもありますが。

そして初めてといっていいくらい親が関わることが最後にあります。

卒園式の後の謝恩会です。

それぞれ担当を決め動くことになりました。ネットを見ていると謝恩会ってそれぞれ考え方が人によって違うので難しいなと感じます。

ですので話し合いでは意見をそれぞれ言っていかないと話にならないと思います。話し合いの参加者はみんなそれぞれ意見を言って、自分が思っていたことも違う意見を聞くと納得できたりしてよかったです。

盛大にやりたいなと思ったこともありましたが、やはり、お話しているだけで楽しいし、こどもたちを見ているだけで幸せな気持ちになるので、そんなのは必要なく保育園でいいなと思っていたところ、結局保育園での開催になりました。

ネットで読んでいた通りの意見も出てきました。金額の割り方です。卒園児の人数で割るのか、参加人数で出していくのか。めんどくさいから卒園児の人数割りでいいよねと言っていた人は両親兄弟がいるひと。そして賛同していた人も、両親参加する人でした。そこで感じたことがありました。反対の立場の人が言う意見は賛同出来ると。例えば沢山で参加するから人数割りにとか、人数少ないけどみんな同じでとか。

一番の目的は先生方に感謝の気持ちを伝えること。子どもたちが楽しく過ごせること。を考え、決まったことに従ってその時間を有意義に過ごしたいと思います。ただ病気で休むことが一番の心配です。