読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

かるた

福音館書店の犬棒かるたを子どもの時よくやっていました。そのおかげで、ことわざは普通に覚えており、テストなどで覚えるのに苦労することはありませんでした。子どもの時はあまり可愛くない絵に、もっと可愛い絵のかるたが欲しいなんて思っていましたが・・・

父が生前、まだ見ぬ孫のためにも新しいものを購入しておいてくれました。最近やっていなかったのですが、去年のお正月頃やっていた時は、娘もすぐに覚えていました。しかし子どもは覚えるのも忘れるのも早いもので、今は覚えていないでしょう。今年のお正月もやってみようと思います。

この福音館書店の「犬棒かるた」。現在は製造していないようです。ネット検索すると中古で5千円とか1万円とか。びっくりしました。1975年の販売当時は3800円だったようです。当時の値段ではとても高いようです。本屋さんでよく見かけるかるたの価格を考えると今でも十分高く感じられます。

しかし作りが違います。ツルツルした紙でなく和紙のような感じです。私が使っていたころの箱の色は青色でしたが、娘のものはきなり色?のような感じです。1977年第2刷となっているので、その時に変わったのかなと想像します。

ブログを書くようになってから、このように自分のものを検索することが増えました。そうすると知らなかったことがあり、そのものの良さを知り、とてもいい機会になります。父にも改めて感謝することが多いです。

百人一首の値段はピンからキリまであるのは知っていました。私が使っていたものはいつのまにかなくなってしまったので、娘がもう少し大きくなったら、やっぱりいいものが欲しいなと思います。最近は朗詠CD付というものもあるようですね。子どもと二人でやるにはいいかなと思いました。