読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

孫お出かけ

テレビで「孫旅」ということで、芸能人がお孫さんと旅行に行くという内容の番組がありました。その時、「娘も孫旅した~い」なんて言っていました。

最近街でもお孫さんと歩くおじいさんおばあさんが多いなと感じます。私は祖母が遠くに住んでいたので、夏休みとかに遊びに行き、二人でデパートに出かけた思い出はあります。ですが、今のおじいさんおばあさんはとても若いので余裕で孫と歩いている感じがします。まるで親のように。私の祖母は小さいころからいわゆるおばあちゃんだったので、なんだかイメージが違います。

でも娘が孫旅したいなんて言っても、うちのばあばは絶対にしません。

ですが、私が仕事で1日面倒見てもらうことになり、孫お出かけをしてもらうことになりました。図書館もお休みでしたので、ランチしてデパートの本屋さんに行ったそうです。

娘は本屋さんに行くと必ず真剣に本を読みだします。いつも決まって「おしりたんてい」かディズニーものを読んでいます。おそらく、図書館にもあまり見かけないようなものが気になるのでしょう。

娘はカタカナがまだ書けません。家に「なぞらすにうまくなる子どものひらがな練習帳」というものがあって、そのカタカナ版があると知っていたので、それでも買ってきたら?と娘には伝えていました。

ばあばはそんなことは知りません。娘はその本を探したのですが、見つからなかったとのことで店員さんに自分で聞いたそうです。店員さんが検索機で探してくれて、「これ?」と聞くと、娘は「そうです」と答えたとのことでした。

いつも私と一緒に行くと、「ママ聞いて~」と言って恥ずかしがるので、こういった機会もいいな~なんて感じました。

家に帰ってなんて聞いたの?と聞くと、内緒話のように耳元で「なぞらずにうまくなるカタカナの本ありますか?」って聞いたそうです。私はタイトルは覚えていなかったので、よく覚えていたな~なんて思ってしまいました。

テレビでこどものお出かけ番組とかでもっと小さい子が、普通に店員さんに聞いて買い物しているのを見るので、すごいなと感心してしまいます。