読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

ことばあそびうた

BOOKS

福音館書店の「ことばあそびうた」を持っています。

テレビでどなたかがおすすめの本としてこの「ことばあそびうた」と同じく福音館書店の「あおい目のこねこ」を推薦されていらっしゃいました。

早速、母が購入。

「あおい目のこねこ」はすぐにこどもが気に入り、何度も読んであげました。

しかし、「ことばあそびうた」はあまり気に入らなかったようです。これを購入したのは去年くらいでしのたで4歳くらいだったかなと思います。

私も小さいころ福音館書店の絵本を沢山持っていました。その中で、「ことばあそびうた」のようないわゆる、「かわいい」って感じではない絵があまり好きではありませんでした。今ではその魅力がわかりましたが、娘は何故かそういった絵の本も好きです。ですが、買ったときは内容が気に入らなかったようです。

「ことばあそびうた」はずっと本棚に置かれたままでしたが、図書館で借りている本がなくなったので、家の本を読むことにしました。そこで久々この本を取り出してきました。

すると笑いながら「おもしろい」と言って、その中でも「これはおもしろい」とか「これ意味わからない」とか言いながらも楽しめるようになりました。

保育園でもダジャレが流行っている?ようで、お友達も言ったり、娘も同じことば続くと「あーダジャレだ」と言ったりしています。

そういったことからこの響きのおもしろさがわかってきたのかなっと思っています。

「いるかいないかいないかいるか~」のような感じですが、ことばを楽しんでくれたらいいなと思います。

それぞれの個性によって適正年齢は違うな~と。あまり良いからといって早く与えると嫌いになってしまうこともあるので、気を付けようと思います。

なぜなら、久々本を出したとき、「その本つまんない」なんて言っていたので。