読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

暗算はどのように

STUDY

こどもには算数が得意になって欲しいと思っています。それは私が苦手だからです。高校の数1とかは得意だった記憶があるのですが、とにかく暗算が出来ないのです。

それで最近他の人は計算を頭の中でどのようにやっているのだろうと思うようになりました。

そしてまずは母に聞いたところ、そろばんを思い浮かべているとのこと。母は勉強が得意ではありませんが、暗算だけは出来るのです。それはそろばんのおかげでした。そろばん2級をもっているようです。そろばんをやっていない人はどのように考えているのだろう?

そこで偶然見つけたのが、日本図書センターの「さんすうだいすき」シリーズ。

そのなかの「くりあがりくりさがり」を読んでみました。

私は「8+6」という問題を頭の中で「8,9,10」と数えて「6-2」で「14」という答えを出しているのです。同じ要領ですが、

「8」に「2」を足して、「10」。「6」から「2」を引いて「4」。なので「14」という感じです。

この本で初めて知ったのは「5」に分けるという方法でした。「5」+「5」で「10」残りは「3」+「1」で「4」。という感じです。こんな方法もあるんだな~と。

もう一題。私は「6+7」は「2×6=12」「12+1=13」という具合に出しています。

このように考えるのは右脳にはよいようなのですが、ほとんどの人は一桁は暗記していて一瞬で出しているのではないかな??仕事をしていると計算ができたらなと思うことがあり、娘にはと思ってしまうのです。

それでそろばん教室を探したのですが、近くに送り迎えが出来る場所がないのです。

そして見つけました。インターネットそろばん学校です。私が出来ないので不安はありますが、母に聞いて、みてもらえるようならやってみたいなと思っています。