読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもにいいこと

母子生活。こどもにいいことを何でもやりたい、身の丈で。

昭和記念公園でお花摘み

お気に入りのお出かけ場所の一つが立川にある昭和記念公園です。

車が無いのでどこに行くにも、公共交通機関となります。

大きな公園って、車で行かないと不便なところが多いんです。でも都内の公園は電車で行きやすいところが多いので、遠くても行ってしまいます。

昭和記念公園は私がこどものころからよく行っていた公園です。夏には遊園地のプールより安く、プール内容も充実している園内にあるレインボープールに行っていました。

娘はまだレインボープールにはまだ行っていないのですが、公園には何回か行っています。

中央線を利用していくのですが、時間があるときは立川駅で降りてあけぼの口から公園に入ります。歩いて10分ほどかかるので少し遠いです。時間が遅くなった時などは西立川駅を利用します。こちらは降りてすぐが公園入口です。プールを利用する場合はこちらが近いです。

お昼ごはんは園内でも焼きそばやポテトなどが売っています。レストランもあります。うちは一度ポテトを買ってあまりにしょっぱかったので、それ以来地元の駅か立川駅でお弁当を購入しています。西立川駅には購入できるお店はありません。

お花摘みは13時からでしたので、それまでこどもの森で虹のハンモックや雲の海というトランポリンで遊びました。公園のHPを見るとまだ行っていない場所が結構あるなと感じます。とにかく広いのですべてを遊びながら周りきるのは難しいです。

みんなの原っぱは広大な何もないスペースですので、凧揚げやバドミントンなどそれぞれが楽しんでいます。お花摘みもみんなの原っぱ内でした。

30分前には長蛇の列で寒い中並びましたが、始まってみたら、お花は沢山あり自由に切ってよいので全然急ぐ必要がなく、時間通りや時間を過ぎてきたほうが待ち時間が少なかったと思います。

そして初めての参加で失敗したことははさみなどが必要だったことです。お花摘みと聞くと、子どもがかわいく積むという感じがあったのですが、コスモスは枯れやすく長く切って持ち帰らないと復活?できないとのことでした。

受付ではさみ・新聞紙・輪ゴム・ビニール袋の入ったセットを300円で購入できましたので、お花摘みをすることができました。

ポイントは長く切ること。つぼみを選ぶことと説明がありました。電車ですので、そんなにたくさんではありませんが、新聞紙に包み何とか持ち帰りました。

家に帰って一晩水につけて、翌日生き残った少しのお花を飾りました。

娘は喜んでいましたし、なかなかお花畑の中に入ることはできないので行ってよかったなと思いました。

立川駅寄りにはIKEAもありますので、公園の帰りにも立ち寄れます。歩き疲れて、元気も時間もなくなかなか立ち寄れないのが実情です。